白い歯を目指すためにも歯の定期検診をしよう

皆さんは歯の定期検診に行ったことがあるでしょうか。

学校に行っていたころは歯科検診も同時に行われていたかもしれませんが、職場の定期検診は内科検診しか受けていないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。もしかすると、定期的に歯の定期検診を受けていないという人もいるということです。

一生涯に渡り白い歯を目指したいというのであれば、きちんと歯の定期検診を受けることをお勧めします。

歯の健康状態を実際に把握することが重要

白い歯を目指すのであれば、虫歯や歯周病にならないというのが何よりも大切で、ホワイトニングを受けたいと思っても受けられないということだってあり得ます。定期的に口内環境をチェックしてもらうことによって、健康状態を把握することが可能です。例え検診時に虫歯が1本見つかったとしてもすぐに治療を行えばひどくならずに済みます。

歯の定期検診ではどういうことをチェックしていくのかと言うと、歯周病や虫歯ができていないのか、歯肉や下などに何かできていないのか、あごの骨に病気は無いのか、歯並びはどうなのかなどのことを調べてもらえます。悪いところがあれば治療をするということになります。検診についてはどこの歯科であっても受け付けていますので、今まで行く習慣がなかったのであれば、歯の健康状態を知るためにも行ってみてください。

歯の定期検診は3か月~6か月に1回のペース

一回歯の定期検診に行くのはいいですが、どのくらいのペースで通えばいいのかと言うと、3か月から6か月に1回のペースで行くといいでしょう。

いつまででも白い歯を残したいということであれば、それぐらいのペースで通って歯の状態を把握するのがいいです。1回の検診で1時間ほどかかり、大体3,500円で受けられます。

この検診自体はは保険適用になり、もし虫歯の治療をするとしても当然保険適用になります。

歯の定期検診は悪くなる前に異常なところを発見したり、悪くならないようにきちんと予防をしていくということが目的としてあります。白い歯を残すためのケアの仕方についても指導が行われるでしょう。

検診に行かないとなると悪くなって初めて歯科に通うことになりますので、治療のために余計にお金がかかりますし、自分の歯で美味しい食事ができないということにもなりかねません。