煙草による喫煙のヤニは白い歯の大敵だ!

歯が黄ばむ原因は今まで食べたものや生活習慣、加齢などがあります。赤ちゃんの頃と言うのは真っ白な歯の状態なのですが、年を重ねるにつれて歯が黄色くなっていきます。

加齢に加えて食べたり飲んだりしたもので着色していくと、なおさら黄色く見えてくるものです。特にタバコのヤニは歯を黄色くするものとして有名ですので、しっかりとケアをしていきたいものです。

たばこを吸うと黄色くなるのはヤニが原因だ

タバコを吸う人と言うのは歯がどうしても黄色くなりやすいです。それも、カレーライスや紅茶、コーヒー、赤ワインなどに比べても黄色くなりやすいです。いわば、白い歯を保つためにもタバコの後の歯のケアと言うのはとても重要だということが言えます。

少し位黄ばむぐらいであれば仕方がないものかもしれませんが、できることであれば白く保ちたいものです。

特にヘビースモーカーと呼ばれる人は歯が黄ばんでいる人が多いために、この日とはタバコを吸っているんだなと言う風に見られやすいです。

タバコを吸っている異性を嫌い人もいるでしょうから、歯を見せるだけでもマイナスなのです。なぜタバコで黄ばむのかと言うと、その中に含まれているヤニが原因だからです。

ヤニは歯にこびりつきやすくて、なかなか取りづらいですので、それだけ白い歯にするために歯のケアをしっかりとしなければいけないわけです。

黄ばみが気になるならホワイトニングがおすすめ

タバコを吸っている人であっても歯の黄ばみによる印象の悪化を防ぐためには白い歯にするためのホワイトニングを行うことがおすすめです。ホワイトニングは歯科でやってもらう方法と特別な歯磨き粉で行う方法の2種類があります。

歯の黄ばみだけでなく口臭についても影響がありますので、きちんと歯のケアをすることは大切ではないでしょうか。

ホワイトニングを歯科でやってもらうとしたら、自由診療に当たりますのでその分だけお金がかかるということは覚悟してください。特殊な機械を使ってクリーニングをしていきますので、歯磨きでは撮れないような汚れや黄ばみを取ることが可能です。

特別な歯磨き粉を使うと確かに従来のものに比べるとヤニが取れて白くなってくることが分かります。しかし、強力な効果がある歯磨き粉ほど研磨作用が高いために、毎日使うのではなく数日に一回ぐらいのペースで使うようにします。