白い歯を保つための歯ブラシの選び方

歯ブラシを購入する時には色やデザイン、値段だけしか気にしないという人も多いのではないでしょうか。

歯ブラシは虫歯が気になるとか黄ばみが気になる、歯肉炎が気になるというような自分の悩みに合わせて購入するのが一番良くて、間違った選び方をしてしまうと歯茎を傷めたり、磨き残しが出やすくなります。

今回は白い歯を保つための歯ブラシの選び方について解説していきます。

歯ブラシの特徴と自分の悩みと合致したものを選ぶ

歯ブラシは当然歯磨きをするために使うものですが、きちんとそれができなければいけません。歯ブラシは製品によって奥歯が磨きやすいとか歯茎に優しいなどの特徴がありますので、特徴と自分の求めているものが合致したものを選ぶようにしましょう。

目的に合わせて歯ブラシを選んで、それから歯茎などに応じて毛の硬さ・柔らかさなどを選択するといいでしょう。

例えば、白い歯を保ちたいというのであれば、歯の汚れに対してきちんとアプローチできる歯ブラシを選ぶべきです。歯科医推奨設計と書いてある歯ブラシであれば、どんな歯並びであってもきちんと対応できるようになっています。

毛の硬さについては状態が普通であれば、通常のものを選ぶべきですし、出血しやすいのであれば、柔らかめのブラシを選びます。通常のものよりも硬めを選んだほうが汚れが取れますが、歯茎を傷つける可能性がありますので注意してください。

歯ブラシの交換はいつ頃を目安にすればいいのか?

歯ブラシを使っているのであれば、いつかは交換しなければいけなくなります。毛先がだんだん開いてきたときに交換をした方がいいです。

きちんとした圧力で磨いているのであれば、1か月に1回ぐらいが目安になってきますが、圧力が強めの人はすぐに毛先が開いていきますので、1か月に1回ではなく2回から3回ぐらいは交換をする必要が出てきます。

電動歯ブラシを使っている人は説明書に記載がありますので、その期間を目安に交換をしてください。

なぜ毛先が開き始めると交換をした方がいいのかと言うと、だんだん汚れが取れにくくなるからです。

毛先が開いているものと毛先が開いていないものをと比較した時に、汚れの取れ具合が全然違いますので、白い歯を保つためにもなるべく新品に近いものを選ぶべきでしょう。歯ブラシは定期的に交換するように心がけましょう。