ホワイトニングで白い歯に見える仕組みとは

何気に自分の葉が黄色くなっているから、白くしたいなあと言う風に思ったことがあるのではないでしょうか。白い歯は他人に対する印象がいいですから、それを見せながら笑いたいという風に思うこともあるでしょう。

そういう時に考えられるのが歯科でのホワイトニングではないでしょうか。歯磨き粉だけではどうしようもできない場合は歯科に行ってやってもらうのが一番いいです。

歯を白くしてしまうというのがホワイトニング

ホワイトニングと言うのは歯が本来持っている白さ以上に人工的に白くするというものです。表面を削ったり、歯専用の漂白剤を使っているということではなく、エナメル質の表面構造を変化させることで白く見せています。

エナメル質を構成している物質でわずかに有機質の部分がありますので、そこに対してホワイトニング剤でアクセスすることによって白くしています。

皆さんが想像する歯専用の漂白剤を使って白くするというのはホワイトニングではなく、単なるクリーニングに過ぎません。クリーニングは表面の汚れをきれいにしてくれるわけですが、ホワイトニングは人工的に白くするものです。

そのため、ホワイトニングは虫歯や歯周病がある場合にはできないという可能性がありますので、まずは健康な歯にする必要があるでしょう。歯の治療を行った後にホワイトニングを行っていくわけです。

長持ちをさせるためにも定期的に歯科に通う

せっかくホワイトニングで白い歯になったのであれば、ずっと保ちたいと思うのは当然のことではないでしょうか。ホワイトニングの効果は半永久的ではなく、何も手入れをしなければ汚れの付着や後戻りなどによって次第に以前の状態に戻っていきます。

変質してしまったエナメル質は元に戻ろうとする力が働きますので、ずっと効果があるということはないです。

白い歯の状態をずっとキープしたいというのであれば、歯科に一定期間ごとに通う必要があります。

一回で止めてしまうとすぐに元に戻りますので、それでは全く意味がないことになるので、3か月から6か月に一度くらいのペースで通って、メンテナンスをしてもらいます。一回やってもらえば二度目以降はそれほど時間がかからずにホワイトニングができます。きちんとメンテナンスを行うことで着色しにくくなります。